スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西日本中心に気温上昇、強風=大分で29.3度、記録続出-低気圧接近、警戒を(時事通信)

 日本列島は20日、前線を伴う低気圧が急速に発達しながら朝鮮半島付近を日本海方向へ進んだ影響で、主に西日本に南から暖かい空気が流れ込み、気温が上昇した。気象庁によると、大分市で全国最高の29.3度となるなど、3月の観測史上最高を記録した地点が九州から関東の約60カ所に上った。
 1日の最高気温が30度以上の「真夏日」に近かったのは、大分市のほか、宮崎県日向市の29.1度、同県延岡市の29.0度など。風も強く、和歌山市内で最大風速が23.0メートルとなるなど、3月の観測史上最高を記録する地点が続出した。
 一方、20日夕からは西日本や北日本で所により強い雨が降り始め、21日にかけ海や山は大荒れとなる見込み。
 低気圧が21日に北海道付近を通過するとともに、寒冷前線が本州付近を通り抜け、激しい雨が降ったり、突風や雷が発生したりする恐れがある。気象庁は警戒を呼び掛けた。 

【関連ニュース】
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
時事ドットコム天気予報・東北地方の天気
時事ドットコム天気予報・北海道の天気
時事ドットコム天気予報・東海地方の天気
時事ドットコム天気予報・近畿地方の天気

高検検事が盗撮容疑 名古屋、書類送検(産経新聞)
<高校無償化>負担増の低所得世帯も 団体費の減免外れて(毎日新聞)
津波警報「最善尽くした」=予測精度は不十分-気象庁長官(時事通信)
<橋本市長選>木下善之氏が再選 和歌山(毎日新聞)
公約作り、週内に始動=首脳会議を定例化-政府・民主(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。