スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またも「銀行協会」詐欺 キャッシュカード手渡す(産経新聞)

 23日午後4時50分ごろ、さいたま市北区の無職の女性(80)から「だまされてキャッシュカードを渡した」との振り込め詐欺被害の届け出が大宮署にあった。

 大宮署の調べでは、女性宅に23日午後2時ごろ、「県警の警部補のサワイ」と名乗る男から「空き巣の犯人を捕まえたところ、あなた名義の口座をつくっている。『銀行協会』の電話を教えるので相談してください」などと電話があった。

 女性は約1時間後、指示された携帯電話に電話すると、「銀行協会のタカハシ」と名乗る男に「キャッシュカードを指紋認証のものにした方がいい。職員が行くのでキャッシュカードを渡してほしい」などといわれ、午後4時ごろ、自宅に現れた男に銀行の普通預金のキャッシュカード1枚を手渡した。

 大宮署によると、自宅に現れた男は30歳くらいで、身長約180センチ。焦げ茶色のレインコートと黒っぽいズボン姿だった。女性は警察官を名乗る男に口座の暗証番号を教えていたが、口座はすでに凍結されており、現金の被害は出ていないという。

【関連記事】
振り込め詐欺グループ11人を逮捕 被害総額数億円か
手渡しによるおれおれ詐欺が増加 警視庁が緊急会議
他人名義の通帳購入容疑で男を逮捕 振り込め詐欺の「道具屋」か
他人のカードで現金引き出した容疑で逮捕 振り込め詐欺指示役か
カード詐取、被害800万円以上か 容疑の2人逮捕

北海道や大阪、愛媛の警察 「検挙情報」をネット公開(J-CASTニュース)
福井県、全国学力テスト全校実施 (産経新聞)
エビ養殖詐欺、元幹部に無罪=「故意認められず」-東京地裁(時事通信)
喫煙規制条例、神奈川は4月に施行…大手は協力(読売新聞)
肺動脈性肺高血圧症治療薬でライセンス契約―日本新薬(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。